チャージは指を立て手を沈めて指の可動域を広げよう

収穫:Chrono Diver -PENDULUMs- 4122(+8)

 久々のクロペン更新で超絶緊張した。TARGETが白数字になっていると、プレイ後に自己べを更新して喜んでいる自分を想像してしまい、失敗するケースが多い。無心になろうと努めたが、発狂と共に余計な思考も流れ込んでくるため、別の思考で強制的にシャットアウトするやり方を選択した。緊張したら食べ物のことを考えればいいと聞いたことがあって、その瞬間に自分が思いついたものは「漬物石」だったので、4連続2重階段地帯では「漬物石、漬物石、漬物石……」と唱えまくった。終わってから気づいたが、漬物石のことを考えるよりも、判定ラインをよくみる意識でいっぱいにすれば良かったのではないか。ともあれ、更新できてよかった。

 毎日なにかしらの収穫がある。本日は主にチャージ譜面を多く選曲したが、チャージは指を立てて鍵盤に沈み込ませることで、指の独立性が上がるようだ。通常の乱打と同じようにして、指を立てた状態で鍵盤から浮かせていると、指が突っ張って脱力しづらくなる。指を立てた状態で、手全体をやや鍵盤に沈み込ませることで、指の上下への可動域が広がり、チャージで指が突っ張ってしまう現象が起きにくくなるように感じた。チャージは定期的に選曲しているので、いつでもこの感覚を忘れないようにしておきたい。

 今は毎日の練習に目的意識を持たせるため、高速日、中速日に分けている。ここにDPを追加したいと思っているのだが、これはどちらも不調でどうしようもなくなった時にやってみようと思っている。近場にプレフリ30分420円のゲーセンがあるので、そこで思う存分Lv12を選曲していれば成長するだろう。

 DPをやろうと思っている理由はふたつある。一つ目は、皿との分業の地力をあげるため。二つ目は、左手力をあげるためだ。DPをやることで普段は使わない左手薬指も使うことになるため、通常の練習では得られない筋肉がつき、打鍵力向上に役立つのではないかと考えている。DPもある程度立て続けにやり込まなければ上達は見込めないうえ、当然SPも兼ねて行っていくつもりなので、SPに疲れたらそちらの道もあるくらいの軽い気持ちでいる。そろそろ新作もでることだし、なかなか練習はできそうにないが、そちらの方向性でも地力はあげられるかもしれないということを覚えておきたい。