アップは中速物量で開始し、肩がなれたら高速物量で行う

収穫:st3 虹夜パレッド hard、天叢雲剣 easy、TENTEN easy、st5 Wicked plot easy、whither easy、started easy、JULIAN easy、Alt Futur easy

アップ:sl0 Babel、sl2 Implexrough、sl4 Drop Down、sl5 We are the xxxx、sl8 Hybrid Galaxy、sl8 Strawberry Mint Chocolate、sl10 サカサマの空にあったのは、sl11 虹夜パレッド、sl12 Sigmoid、st1 IKAROSLuv of Magical Synth、st1 先天性エゴサ症候群、円環の理……

 アップはslやstで行うと間違いない。単純に中速と高速を混ぜ合わせて調子を探りつつ進めていくといいようだ。もしかすると高速だけでもいいかもしれない。最初の数曲は肩の様子を確認するため中速の方がいいが、慣れてきたら下手に力まないよう高速でのアップにしたい。後にプレイする前座としてのガチ押しやディレイは含めなくていい。高速物量をやっていれば反復や刻みなどでガチ押しやディレイ的打鍵のアップは完了する。むしろそれらでアップをしてしまうと調子が狂う恐れがある。

 前のアカウントでかなり苦労したディレイ群が簡単に点いていった。具体的にどこができていないのか、コンボが切れた時にどこが抜けたか理解できる幅が広くなってきた。ガチ押しも青龍氏の両手を揃えて手首を下げる構えをとったらうまくいって、これまで全くできなかったst5 startedが点き、まるで認識できなかったwhitherにも点いた。これは明らかに認識力がついたといっていいだろう。本家ではまだまだ判定に悩まされているところだが、上達はしているようなので前向きに進めていきたい。