判定判定判定

収穫:陰キャ4045(+20)

判定:sud+385 lift80 緑275 判定-1.0

 infの判定で本家もプレイしたが、まるで速くてついていけない。やはりinfと本家の判定は完全に別物としてプレイしなければならないようだ。急遽、前回の本家の判定に戻した。やはり速く感じるし、これまで35半固定で行っていたLv11の曲も、皿に反応が間に合わなくなったため、全て手首で取ることにした。また、体感の判定も、これまでの「ノーツの底を打鍵するような感覚」から、「slowが出るくらいでちょうどいい感覚」でプレイした。一定の打鍵をしていると、ポロポロとslowが出るのだが、これまでと同じ感覚で打鍵するとどんどんfastに寄ってしまうため、多少slowが出るくらいでちょうどいいと自分に言い聞かせた。

 また、先日のbmsでの打鍵を意識して、3クレ目にはCarminaに挑戦できるくらい詰めてアップを行ったが、打鍵感にさして変わりは感じられなかった。Rootageの時からずっと感じていたことだが、bmsと本家の打鍵感はどうにも違うように感じられる。bmsの方がバネが圧倒的に重いので、打鍵感は当然変わってくるのだが、それにしてもここまでうまくいかないのはどうしてか。鍵盤の仕様は本家と同じものにしているため、あとは重さだ。phoenixwanを20/25にすればちょうど良くなると思われるが、果たして。

 これまで培ってきた感覚が全て無駄なものとなった。Beatmaniaを始めてから全く経験のない感覚でプレイしているため、自己べが出てもうまくいった感覚がない。何が正しいのかもわからないが、わからないものをわかった気になって成長していくほかない。成長が実感できない時のBeatmaniaほど苦しいものはない。速度を上げたことは間違っていないと思うので、ここをどうやって切り抜けるかが重要だ。そのためには、Beatmaniaの成果がなくても前を向いて生きていけるくらいの、人生の成果を出すことだ。筋トレやファッションは、その界隈で上を目指すつもりがなければ、ちょっとやるだけで得をするコスパのいい趣味だと思っている(ばかにしているつもりは全くない。フィジークの大会に出たりアパレルの世界で生きていくとなると並大抵の努力では評価されないが、ちょっといい体つきをしていたり、ちょっとおしゃれだったりするだけでも十分得なことは多く、そういう意味で言っている。Beatmaniaで皆伝を持っているだけでは何の意味もないこととは大違いだ)。エンジョイ勢程度で納得して満足できるものを人生にたくさん持っておき、Beatmaniaで生まれた辛い気持ちを相殺しながら前を向いて歩いていこう。