避けられない不調

 先日、不調の原因がわかったと書いたが、その原因を取り除いても不調がやってきてしまった。画期的と思われた発見について下書きを進めていたが、水の泡になった。空腹を適度に満たし、水分補給を欠かさず、七時間半の睡眠を確保し、眠気が訪れる深夜のプレイは避け、連コできる環境に身を置き、手指を温め、アップも念入りに行い、好調時の体勢を意識し、今日でbeatmaniaができなくなっても後悔しないようbeatmaniaをやり遂げるつもりで取り組んだにも関わらず、自己べ-200ときたもんだ。気持ち遅めに設定した緑数字にも全くついていけず、ノーツの半歩後ろを千鳥足の指がかろうじて付いて回っている状態。

 今の自分はおそらく、beatmaniaにクセがついている。譜面系統関係なしに、beatmaniaそのものにクセがついている。bmsの話になるが、アップの一環としてsl12 Sigmoidがhardできたらstellaに進むようにしており、これまでは難なくクリアしていた(どころか鳥も安定していた)ものの、ここ数日で突破に数回かかるようになり、本日はとうとう突破さえできなくなってしまった。これはまずいと思い、自分の様子を見ながらプレイしていると、どうやら高速物量が始まった途端にハマっているらしい(ランダムを常備しているのにも関わらず)。どう考えても、クセの症状だ。これはもう、beatmaniaそのものにクセがついているのではないか。できる対策は全てしているのにも関わらず、好調は一向にやってくる気配がない。ちなみに今日は本家でも、Rave*it!! Rave*it!!の歯抜け地帯でAssist easyゲージが空になり、単純な横認識が全くできなくなった。プレイ頻度でいえば週4日程度でごく普通に努力しているだけなのだが、ここ数日はbeatmaniaの夢を見ていたくらいだし、どこかしら根詰めているところがあったのだろう。不調について考えていても原因は見つかる気配がないというのに、beatmaniaのことを考えれば考えるほど精神は不安定になっていく。これはもう、放置するほかないだろう。いつまでとは決めないが、食指が動くまでは何も考えないようにしよう。