意識のメモリー

 三ヶ月ぶりの更新。

 私が発狂皆伝合格に向けて日々鍛錬を積み重ねていた時期に練習方法など参考にさせて頂いた方からリンクを貼って頂いた事を知り、デスノートを受け取った魅上のような気分。特に宣伝もせず、誰に教えるでもないブログだが、やはり見ていただけるのは嬉しいことだ。そうとあっては形だけ放置している訳にもいかない。これからは少しずつ更新していきたいが、毎日ではまた同じ事になるだろう。気張らずに、長文ツイッターのような感じで、気が向いた時にでも投稿していきたい。

 ・発狂皆伝合格の記事

 空き時間で少しずつ書き進めているが、自分の場合は攻略というより、譜面の系統を分析して当てはめ、クオリア寄りに言語化して自己の再現性を高めるような感じで、こと発狂皆伝に向けた内容ではなくなってきている。本格的な攻略記事であれば先人たちのものを参考にするのが良い。自分の場合は段階に応じてアプローチも異なってくるので、断言し難い部分もある。記事というより、普段の思考の端々にそういう破片が散らばっていたりする。改めて過去の記事を読み返してみて、言い得て妙だと納得できる意識もあるので、それらのまとめ記事として公開するのも面白いかもしれない。

 ・本家

 実はあれからbmsはほぼ放置していて、BISTROVERからは本家ばかりやっていた。Rootageは600クレ、HVは世情もあって300クレしかできなかったが、今作は稼働一ヶ月で既に150クレは入れている。皿であれば田舎の県別クラス位なら十分狙えることがわかり、自分でも世間に通用するかもしれないと希望が見えてきたからだ。具体的には、snake2677、灼熱2 3219、rebounce2303で、A1にも十分対抗できるレベルだと思う。それに合わせて鳥BPI30以上狙いと稀にEXH埋めも進めていて、それらの達成のためにも最近、bmsを平行してやり始めた。12月に入ってからのことだ。

 ・bms

 リハビリは一週間くらいで終わり、そこからの成長が甚だしい。いま最も意識していることはふたつある。ひとつめは、手続き記憶的要領で同系統の譜面を重点的に選ぶこと。そしてふたつめは、戸愚呂弟の名言「技を超えた純粋な強さ それがパワーだ!! 突き出す拳の風圧さえ武器になる!!」を受け、成長に最重要な技術を一点集中で伸ばすことだ。

 ひとつめに関しては、アップからシメまで同系統の譜面で鍛錬を統一するということ。例え同難易度帯でも、物量やディレイ、ガチ押し、高速、中速と、様々な譜面に手を出していたのでは、感覚として意識から無意識に落とし込むことは難しい。プレイ中に同時に意識できることは限られている。例えば、プレイ中に意識できる上限がみっつだとして、反復高速物量の脱力と、刻み高速物量の脱力と、ディレイの脱力を意識していることとする。この最中は対応できるが、ここに微連が降ってくると、微連の脱力を無意識に落とし込めていない限り、意識できる容量がパンクしてしまい、何らかの意識が疎かになってしまう。こうして脱力の意識が遠のく。そのために、同系統の譜面を重点的に選ぶ鍛錬が必要となる。反復高速物量を伸ばし、それを無意識に落とし込められれば意識の容量が空き、他を意識できるようになる。また、鍛錬の上限が日に二時間までな理由もこれで、要は疲労が意識として消費されてしまい、他の意識が入り込む余地がなくなるからだ。本家であれば立ち環境なので足の疲労もこれに加わる。それに、人間であればいくら好きなことでも二時間も続けていれば飽きてくるのも仕方ないことだ。疲労と飽きのふたつが意識を占領すると、もう意識できることなどほとんどなくなってくる。まだ続けられそうでも、今後のためと割り切って切り上げた方が良い(自分の場合は12クレが限界だ)。

 そしてふたつめに関しては至極単純で、高速物量を伸ばすことだ。段位認定の曲目を見てもわかる通り、大トリは高速物量がシメの役割をかっている。これを伸ばすことで、それに釣られるようにして、他の技術も引き上げられていく。譜面の種類には様々ある(中速、中高速、高速、超高速、反復、刻み、ガチ押し、微連、ディレイ等)。どの技術も上達には必要とされるが、最も重要なのは中高速〜超高速物量ではないかと感じている。超高速(★22ヴェリエル、st5プナイプナイげんそう等)にはガチ押し要素もあり、技術的に複合していて鍛錬の効率がいい。また、高速物量でも反復オルタ系と複合刻み系で違いがあり、後者は反復高速物量と比べ横に広い中高速物量要素もある。今はこれらを広く触るようにしているが、やはりメインはリトハやラブジャスをはじめとするbpm200帯の高速物量だ(st3 sigmoid、st4 壊廊も良い)。これらの曲にはどちらの要素も含まれているので、やはりその辺りを満遍なく鍛える必要がある。この「満遍なく」とは巷に頻出する表現だが、自分の場合はその範囲を広げすぎていたことがスランプの原因だった。明確な目標を定めていなかったのだ。改めて、sss 3rd st5に向けて、st5 白の魔法の光を叩けるように鍛錬していく。

 ・生活

 少し前の記事を読んでみると、食生活が安定していないようだったが、最近はいたって健康的な毎日を送れている。そのおかげで体重も53kg→46kgに落ち、そういった面での不調もない。腱鞘炎も治り、後は真冬の寒さで事故を起こさないよう気をつけるだけだ。実は一ヶ月ほど前、本家で絶不調に見舞われたのだが、原因がわかってからは全体的に好調だ。その経験は今後のためにもなると思うので、近々まとめたい。自分にとってbeatmaniaは、人生を前向きにするために必要なものの一つで、これからもうまく付き合っていきたいと思っている。