未鳥残り10

収穫:Y&Co鳥、Mare 3565、Verflucht(L) 4441

 Verflucht(L)が楽しすぎる。大外れは別として、割とどんな配置でも叩けるようになってきたので、目線を固定する余裕が出てきた。最強クラスの物量であるこの譜面を一定のリズムで刻むのが練習になりすぎる。Mareは坂で大失敗したので3600ちょいまでは出る。

 Go Beyond!!がなかなか当たらない。一度鳥EXHしたら二度とやることはないだろう。

今日の意識

・アップは高速乱打(bpm180前後)と中速乱打(bpm150前後)を満遍なく行い、どちらも「肩に負荷がのっていないこと」を意識しながら行う。

・上記した意識を念頭に、「脱力しつつ」スコア狙いの打鍵を行う。

 気のせいかもしれないが、これらを意識するとアップが完了しやすいように思う。自分の地力の上限を引き出せる。ギリギリできない曲に挑戦できるだけの調子にもっていける。肩に負荷がのっている場合、ベンチプレスの要領で胸を突き上げて胸に負荷をのせ、相対的に肩を下げることで肩への負荷を逃す。姿勢は常に、ベンチプレスで胸を突き上げ、デッドリフトで出っ尻し、体幹を整える。

「肩に負荷をのせず、脱力しつつ、スコアを狙う」

 これまでは、とにかく高難易度の譜面をeasyすることを目的に鍛錬していたため、スコアはほとんど狙っていなかった。今はスコアを狙いつつ、★20前後の曲を確実に光らせる鍛錬を行っている。自分のプレイングを俯瞰すると、判定云々の前に、打鍵がブレでおり、打鍵音がズレて聞こえてくることがわかる。目線がブレていても打鍵が一定だと光るので、確実に押し切るための鍛錬を行う。

 ディレイ譜面では、例えば1234が降ってくると、ブロック認識的に処理してしまい、判定の中央が23に来てしまう。つまり、1がslowで4がfastになり、23だけが光る。これも皿の認識を同じ理屈で、入りと抜けをしっかり合わせる必要がある。この場合、1と4を意識して速度調整し、打鍵する。この意識はディレイ曲をR乱で行ったり、それに近い譜面が降ってきた際に効果的だ。

未鳥残11

収穫:Timepiece(CN)鳥、Go Ahead!!鳥EXH

 残りはMare Nectaris、駅猫のワルツ、X-DEN、灼熱Beach Side Bunny(R乱)、DIAVOLO(乱)、Thor's Hammer、ICARUS(L)、GuNGNiR(L)、Inferno of Fomalhaut(乱)、Y&Co . is dead or alive、GoBeyond!!。

 Go Beyond!!は当たり待ち。Y&CoとICARUSはベストなソフランのやり方がわかっていないので、もう少し考えながらやる必要がある。おれは緑数字が遅いこともあって低速を非常に苦手としているので、細かなギアチェンが必要となる。

 Fomalhautは二重トリルの判別が難しい。最初のCN直後の同時押しが表で、そのCNと二つ前のノーツが裏になっている。これを即座に判別し、運指を構築できるようしなければならない。

 X-DEN、GuNGNiRは自力不足。引き続きbmsでの地力上げを続けていく。今日は久々にVerflucht(L)をやったら3400を超え、さらに4回中4回鳥が出たのでほぼ安定と言える。明らかにbms効果だ。

 Mare、駅猫、DIAVOLO、Thor'sには、ディレイの練習が必要となる。ディレイ難易度表のスコアを詰めていくのがいいだろう。

 地力は伸び続けているので、あとは毎日少しでもこれらの曲の自己べを出していけば、いずれ全鳥だ。Lv11以下はアップ以外ではほとんど選曲しておらず、2時間プレイした後にはヘトヘトになっているが、とにかく自分に負荷をかけ続けることだ。