迷走判定固定

変更前:sud+300、lift80、緑308、判定+2.8

変更後:sud+375、lift80、緑258、判定-1.6

 昨日言った通り、判定周りをinfinitasで変えた。最初に、元の判定に戻してsud+を上げ目線を下げるやり方を行ったが、あまりに遅すぎて話にならない。これまでよくこの速度でやっていたものだと我ながら信じられない気持ちだ。そして何より、発狂が全く見えない。perditus†paradisusなど、ディレイ部分は全て餡蜜でさばいている感覚だ。もう元の設定には戻れそうもない。完全に迷走してしまった。

 そこから2時間位かけて判定をマイナスまで下ろしていった。なんとなくの感覚でここが一番やりやすいという基準を決め、いざとなったらそこに戻るやり方で下げていった。最終的に-2.0まで下げたところで判定が深すぎると感じたため、基準まで戻した。それが変更後の値だ。

 sud+を増やした理由は、目線を判定ライン付近までもってくるためだ。これまでのsud+300では、目線を上げていると視界の端で判定ラインを捉えるのが困難だったので目線を下げていたのだが、固定したところより上の視界は大半が無駄であるため、認識力の容量を無駄に割いていると感じていた。であれば最初から、目線を上げ目にしていても視界の端で判定ラインに重なるノーツを認識できるよう、表示領域を狭めれば良いと考えた。するとノーツが詰まって認識が困難になるため、速度を上げる必要があるのだが、判定を下げなければ速度を上げられない。これまでは、このジレンマのせいで判定を変えられなかった。判定を下げて速度を上げられたため、さしあたっての問題は解決した。あとは慣れるだけだ。

 しかしこれが難しい。これまで「ノーツの底を打鍵する感覚」はもう当たり前のこととなっていて、ほとんど意識することはなかった。見た通りに打鍵すればよかったのだ。しかし、これからは「ノーツが判定ラインをややすぎたあたりで打鍵する感覚」を常に意識したままプレイすることとなる。これまで中速帯で行っていた速度を抑えた打鍵(指が走らないようにする打鍵)を常に行うような感じだ。プレイしていると、気がつくと以前の判定ラインで打鍵してしまっている。この速度で以前の判定ラインを打鍵すると肩に負荷がかかってしまうため、これまで以上に身体の感覚に意識を割かなければならない。ファーダリどころではない、といった感じだ。また、皿に関しても最初からやり直しとなる。完全に飛影の邪眼と同じ展開になってしまったが、これまで悩んでいた問題が解決したのは大きい。これまでの判定ラインは忘れて、新たな判定ラインを自分のものにしていこう。

判定迷走

収穫:微妙 ほぼ鳥埋め

 infinitasでmare EXHした。先日★18 *Crow Sorace*で鳥を出した時のディレイ打鍵(鍵盤から高速で指を離し、負荷を空中に逃すような打鍵)を用いてのことだった。本家LMはデフォルトでもフニャ鍵なので、本家にこの意識を用いるのは難しいが、フニャ鍵ならそれはそれで過剰に脱力すればできないこともないので、意識の一つとしてとっておく。本家でもかみ合えばいつでもいける。あとは粘着するだけ。これ一年くらい言ってる気がする。今作中にはなんとかしたい。

 引き続き判定の話。先日のsud+375 lift80 緑284 判定+0.3で練習していたが、どうもいまいちつかみきれない。自己べは出るといえば出るのだが、狙って出せた感じがせずすっきりしない。例えばSound Of Summerの同時押しで、これまではノーツの底を打鍵する感覚でプレイしていたので、集中すれば光らせられた。しかし今は判定ラインにほぼ重なる感覚なので、集中して光らせる意識の他に、これまでの打鍵より遅く打鍵する意識で意識容量を消費してしまっている。これでは光らせるどころではない。このまま判定調整をつづけるならば、まずはこの「これまでの打鍵より遅く打鍵する意識」を無意識下に落とし込まなければならない。その意識に意識容量をひとつ割いたままプレイするのは拷問に近い。というより、できるようになった自分を全く想像できないため、どうすれば解決するのか皆目検討もつかない。iidx25CBで復帰して以来、判定を-でプレイしたことがなく、今の自分には「判定ラインを越えたノーツの頭を打鍵する感覚」が全くない。これは本格的になんとかしなければならない。ここが自分にとってのBeatmaniaの大きな転換点となるだろう。考えられる対策は以下の通り。

1・思い切って判定をマイナスまで落としてみる。

 マイナス判定である程度の期間をプレイしたことがないため、これまでなかった新鮮な感覚であれば自分のものにできるのではないか。実際にランカーはみな緑数字が速いし、判定をマイナスにしている人が多い印象だ。そこになにかあるのかもしれない。そもそも、自分にこの視点が欠けているのはBeatmaniaに携わる上で経験不足といえる。どこまでマイナスになるかはわからないが、いけるところまでやってみる。

2・判定を元に戻し、白数字で対応する。

 マイナス判定がうまく行かなければ、これまでのプラス判定に戻し、別の手段で対応する。現在の自分は、判定ラインの+2.8の位置に幻覚の判定ラインが見えてしまっており、ここから判定を変えるには意識容量をひとつ割かなければならない。しかし、目線を判定ライン寄りにすることで入りが遅まるため、slow寄りの打鍵ができる。これを利用して、liftを上げることでslow寄りの打鍵にし、詰まりを解消するため目線が上がらない程度にsud+を上げる。

 まだあるだろうが、眠い。仕事後に気合でゲーセンへ行きLv12をひたすら連コすると泥のように眠ってしまう。打つ手なしの状況を避けるためにもある程度の案でよしとしよう。本家での判定合わせも効率が悪いので、久々に課金したinfで調整する。

判定固定

収穫:Sinus Iridum EXH

 正規+瞼sudでようやく突破。癖がつくまえに点いてよかった。未EXHは残り9だが、あまり本家でクリア力を鍛えても仕方がない。気分転換にたまに狙う程度にとどめておこう。

 今日も判定を変えた。一ヶ月くらいかけて少しずつ減らしていく予定だったが、案外違和感なくするすると落とせた。とりあえず判定±0.0まで落とした時の緑数字は278だったのだが、これ以上速くすることの恩恵をあまり感じられなかったので少し戻し、最終的にsud+375 lift80 緑284 判定+0.3で固定した。体感的に速かったりすると肩で打鍵してしまったり、CNを離してしまったりするのだが、この状態でもCarmina EXHできたので問題ないと思われる。速度変更の判断基準は、fast/slow比か体感速度のどちらかだが、前者で判断すると泥沼に陥るので、飽くまで自分の感覚を大切にした方がいい。

  • 繰り返し乱打が練習になる

 THANK YOU FOR PLAYING(L)、Colorful Cookie、QUANTUM TELEPORTATION(L)など、これらの曲をプレイしていると、自分の同時押しがいかにズレているか痛感させられる。毎回同じ場所で黄ばんでいるため、判定や速度以前の問題で、そもそもの打鍵を矯正しなければならない。また、流れで認識すると縦認識気味になり、これもズレの原因となる。速度慣れしていない状態で他に意識すべきことが多いが、サボらずに認識力(というかちゃんと見る努力)を鍛えていきたい。